ニチベイ 2021年激安 ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm 1台 人気ショップが最安値挑戦 直送品 ホワイト

ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm ホワイト 1台(直送品)

4960円 ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm ホワイト 1台(直送品) オフィス家具/収納 カーテン/ロールスクリーン/ブラインド ロールスクリーン 遮光ロールスクリーン ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ ホワイト 幅1660mm (高さ1000~3000mm) ホワイト,irishhillshogchapter.org,オフィス家具/収納 , カーテン/ロールスクリーン/ブラインド , ロールスクリーン , 遮光ロールスクリーン , ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ ホワイト 幅1660mm (高さ1000~3000mm),ロールスクリーン,スーパーエコノミーシリーズ,1台(直送品),/ferrocyanogen635228.html,幅1660mm×高さ1400mm,4960円,ニチベイ ホワイト,irishhillshogchapter.org,オフィス家具/収納 , カーテン/ロールスクリーン/ブラインド , ロールスクリーン , 遮光ロールスクリーン , ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ ホワイト 幅1660mm (高さ1000~3000mm),ロールスクリーン,スーパーエコノミーシリーズ,1台(直送品),/ferrocyanogen635228.html,幅1660mm×高さ1400mm,4960円,ニチベイ ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm 1台 人気ショップが最安値挑戦 直送品 ホワイト ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm 1台 人気ショップが最安値挑戦 直送品 ホワイト 4960円 ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm ホワイト 1台(直送品) オフィス家具/収納 カーテン/ロールスクリーン/ブラインド ロールスクリーン 遮光ロールスクリーン ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ ホワイト 幅1660mm (高さ1000~3000mm)

4960円

ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm ホワイト 1台(直送品)

商品の特徴 シンプルな生地(非防炎)でお求めやすい価格のロールスクリーンです。生地はミディアム(部屋内の様子、外の風景のシルエットがぼんやりと映るもの)で5色をご用意しています。
商品仕様 メーカー ニチベイ ブランド ニチベイ
カラー ホワイト 材質 生地:ポリエステル100%(非防炎)取付部品(ブラケット):アルミ・プラスチック
寸法 幅1660mm×高さ1400mm 質量 3.1kg
製造国 日本製 組立目安 完成品
梱包数 1梱包 保証期間 3年
その他商品仕様 ●操作方式:スプリング式(プルコード式)●付属品:カーテンレール取付ナット 1660 mm
高さ 1400 mm nbsp; nbsp;

「高さ」 違いで 全21商品 あります。

  • 類似スペック品を探す

    商品仕様の一部から別の商品を検索できます

備考 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。
※お客様取り付けとなります。ブラケットにしっかりと本体を取り付けてください。
商品詳細情報
  • 詳しい商品説明はこちら(メーカーサイト) newwindow
  • 家具・インテリアが探しやすい!アスクルの総合家具TOPページはこちら。 newwindow
  • レイアウト・各種工事・納期のご相談まで!アスクルオフィスづくりサービスはこちら。 newwindow

ニチベイ ロールスクリーン スーパーエコノミーシリーズ 幅1660mm×高さ1400mm ホワイト 1台(直送品)

2022年4月13日 (水)

マカイバリ茶園に象が現れる!

マカイバリ茶園に象が現れました!

マカイバリ茶園の茶畑を歩く象。マカイバリ茶園に野生の象が突如現れました。象は群れで生活する動物ですが、この象は群れから離れたのでしょう。
茶畑の2倍の広さの原生林をもつマカイバリ茶園。野生のトラや豹、猿などが生息しています。しかし、象が現れたのは初めてです。
象はインドでは神聖な動物です。きっとマカイバリ茶園に幸せを運んでくれたのでしょう。
写真はマネージャーのサンジャイ・ダス氏がとったものです。

| | コメント (0)

«2022マカイバリ茶園の春